スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑中お見舞い申し上げますワン
かきくけ 「梅雨も明けたね」

小春   「やっとうっとうしい梅雨が終わったワン」

かきくけ 「これからは夏本番!」

小春   「夏は夏で暑くてたまらんワン」

150725_201507281126221b8.jpg

かきくけ 「夏は暑いのが当たり前だけれど、大阪の夏は特別だからなぁ・・・」

小春   「夏は涼しいところに行きたいワン」

かきくけ 「ところで先週の台風で、小春がよく遊ぶ川辺も大変なことになっていたね」

150725.jpg

小春   「上流からゴミが一杯流されてきているワン」

かきくけ 「足の踏み場もないぐらいのゴミだったね」

小春   「このゴミはどうなるのかワン?」

かきくけ 「どうなるのかな?  
       さて、きょうは病院へ行くぞ!」

小春   「ゲッ!だワン」

かきくけ 「前回は足にバイ菌が入ったための病院だったけれど
       今回は何かな(笑)・・・」

小春   「もう足は治ったから行きたくないワン」

かきくけ 「小春は行きたくなくても行かなければならないよ」

小春   「嫌だ嫌だワン」

かきくけ 「きょうはワクチン注射とフィラリアとノミ・ダニ予防の薬をもらいに行くよ」

小春   「かきくけさんだけで行ってきてだワン」

かきくけ 「それは無理、注射は小春が行かないとね・・・」

・・・  ・・・  ・・・

かきくけ 「はい、終わり」

小春   「やっと終わったワン」

かきくけ 「それにしても小春の病院はお金がかかるよ」

150728.jpg

小春   「だからこれからはやめようワン」

かきくけ 「やめれるのならやめたいけれど、これも小春のためだからね」

小春   「元気だからもういいワン」

かきくけ 「まさかの時の予防は大事。ワクチン注射は毎年1回打たないとね」

小春   「もういいワン」

かきくけ 「次は来年の狂犬病の注射までないから・・・」

小春   「・・・(シュン)」

かきくけ 「それにしても、小春を病院へ連れて行くのも大変だ
       これについてはまた後日報告書を作るから・・・」

小春   「・・・(シュン)」
スポンサーサイト
レオン君だワン
かきくけ 「きょうはレオン君を紹介しましょう」

小春   「レオン君だワン」

140823.jpg

かきくけ 「初めて写真を撮らせてもらったのは2014年の8月だったね」

小春   「もう知り合って1年になるワン」

かきくけ 「とても人懐っこいワンちゃんだね」

小春   「そうだワン、それに興味深々なところがあるワン」

140823a.jpg

かきくけ 「他のワンちゃんにも興味深々」

150427c.jpg

小春   「こんな感じだワン」

かきくけ 「いつも元気なレオン君です」

小春   「元気すぎて困るときもあるワン」

150427b.jpg

かきくけ 「小春もこんな感じのときがあるね、いやその前に吠えるか(笑)」

小春   「わかっているけれど吠えてしまうワン」

かきくけ 「とにかく元気なことはいいね」

小春   「小春も元気に吠えるワン」

かきくけ 「吠えなくてよろしい ポッカ!」

150416.jpg

かきくけ 「これからもよろしくね、レオン君」

小春   「よろしくだワン」
台風がきているだワン
かきくけ 「台風が来ています」

小春   「今朝の散歩は短縮バージョンだワン」

かきくけ 「3日前はきれいな夕焼けが見れました」

150713.jpg

小春   「この日の夕焼けはきれかったワン」

かきくけ 「昨日は、風がとても強かったです」

小春   「風で顔が変になったワン」

150714a.jpg

小春   「かきくけさんも風で手元が揺れているのかピンボケだワン」

かきくけ 「本当にピンボケ・・・ごめんね。
       近くの川も流れが強かったです」

150714.jpg

かきくけ 「今朝の様子です。野良猫が雨宿りしています」

150715.jpg

小春   「何か気配を感じたら、猫だったワン」

かきくけ 「雨が嫌いな小春は、やっぱり超短縮散歩になりました」

小春   「雨は嫌いだからしょうがないワン」

かきくけ 「今夜はまたゆっくり散歩になればいいですね」
気がつけば7月も中旬に
かきくけ 「長いこと更新していませんでした」

小春   「ほぼ毎日更新してくれないと困るワン」

かきくけ 「はい、そうは思っているのですが・・・というか
       なんで上から目線! バッシ!」

小春   「ワ~ン(泣)」

かきくけ 「ところで、昨日は大変だったね」

小春   「だから病院は嫌だワン」

かきくけ 「1週間ほど前から、前足をよくなめているから
       なにかなぁ?と思えば、肉球の間に豆みたいなものがあったね」

小春   「あぁ・・・あれなぜなっていたかわからんワン」

かきくけ 「散歩で何か刺さったのかなぁ?
       心配だったから病院へ行った」

150709a.jpg

かきくけ 「上記の写真は治療後の写真なんだけれど
       治療は麻酔をかけて行いました。
       小春は、足を見せるのも嫌がり、吠えまくり、威嚇状態!」

小春   「そりゃしょうがないワン、嫌なものは嫌ワン」

かきくけ 「昔から病院嫌い・・・私でも爪さえも切らしてくれないかなぁ
       で、しょうがなく麻酔を打ってもらい、診察&治療となったわけ」

小春   「よく覚えてないワン」

かきくけ 「麻酔がなければ小春は診察もしてもらえず、
       病気・怪我が進行して死んじゃうかもね。
       病院にも慣れてもらわないと・・・」

小春   「・・・」

かきくけ 「診察の話では、バイキンが入っているみたいで
       針で穴を開け、中身を出したんだよ」

小春   「爆睡していたものでわからないワン」

かきくけ 「自然に傷口が割れて治るけれど、今以上に膨らんできたら
       手術しないといけないらしい」

小春   「ゲッ! じゃ自然に割れますようにワン」

かきくけ 「病院行きはこちらも大変だから、そう願うわ」

150709c.jpg

かきくけ 「麻酔を覚ますための注射も打ったんだよ」

小春   「よく覚えていないけれど、なかなか立てなかったワン」

かきくけ 「そりゃそうでしょ。小春は他のワンちゃんより
      麻酔が効きにくいらしいから、麻酔の量も多かったし」

150709b.jpg

かきくけ 「結局、病院へ3時間ほどいてたね。
       帰りはまだ100%麻酔がとけていなかったから
       抱っこして帰ってきたよ」

小春   「この時もまだ何があったのか覚えてないワン」

かきくけ 「家に戻ってからも、しばらくはボ~ットしていたよ」

小春   「・・・」

かきくけ 「とにかく、今回は色いろ考えされました」

小春   「何を考えたかワン」

かきくけ 「もっと小春をしつけしないといけないとか、毎回麻酔打たないといけないのかとか・・・」

小春   「怪我や病気をしなければいいワン」

かきくけ 「それが一番だけれど、小春がもっと大人な対応をしてくれたらいいの」

小春   「かきくけさん、しつけちゃんとしてくださいワン」

かきくけ 「バッシ!」

かきくけ 「とにかく、今朝もいつものように散歩できてよかったね」

小春   「ワ~ン(喜)」

150710.jpg


copyright © 2005 私は柴犬、かきくけ小春です。 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。