スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
150528b.jpg

小春   「夕食の時間だワン」

かきくけ 「はい、どうぞ」

小春   「またいつものかワン、これはこれで美味しいけれど
       かきくけさんの方が美味しいそうだワン」

150528c.jpg

小春   「やっぱりこっちの方が美味しそうだワン」

150528a.jpg

小春   「きょうは、かきくけさんが作っていたワン
       かきくけさんも料理作れるんだワン」

かきくけ 「あぁ~美味しかった、小春はまた残しているね」

小春   「かきくけさん、これからは一緒のご飯にしてくれワン」

かきくけ 「それはダメ!」

小春   「食べたい、食べたい」

かきくけ 「小春は小春のご飯を食べるように。
       それが小春のためだからね」

小春   「いつも同んなじご飯・・・もう飽きたワン」

かきくけ 「たまにはトッピングを変えてあげるからね」

小春   「・・・たまにはじゃなくて毎日お願いするワン」
スポンサーサイト
初めての動画だワン
かきくけ 「きょうは初めての動画をUPします」

小春   「UPと言っても、2年前にYOU TUBEにUPしたものワン」

かきくけ 「下記の 初めての待て! をクリックすると見れます」

小春   「2年前か・・・ちっちゃかったワン」

初めての待て!
シンちゃんだワン
かきくけ 「きょうはシンちゃんについてです」

140925.jpg

小春   「シンちゃんだワン」

かきくけ 「シンちゃんは女の子です。 小春よりも年上です」

150225a.jpg

かきくけ 「シンちゃんもおとなしいワンちゃんで
       私はシンちゃんが吠えた覚えがないです。

小春   「そう言われてみれば聞いてないワン」

かきくけ 「小春とは大違いですね」

小春   「吠えるのは何かをアピールするためワン」

かきくけ 「アピールはわかるけど、小春は吠えすぎです」

小春   「・・・」

150511a.jpg

かきくけ 「小春が大好きな河川敷でもよく会います」

小春   「でも、ゆっくり話したことないワン」

かきくけ 「彼女は忙しいからね」

150511b.jpg

小春   「でも、彼女のおかけでおやつもらえるおじさんと知り合ったワン」

かきくけ 「小春はおやつには目がないからね(笑)」

小春   「おやつは美味しいからワン」

かきくけ 「ではシンちゃん、一言どうぞ」

シン   「あ~早く帰って、芋食うて屁こいで寝よ」

かきくけ 「・・・」

小春   「・・・」

かきくけ 「(汗) これからも小春をよろしくネ」 
待て!どこまでできるか?ワン
かきくけ 「今朝はボール遊びするか」

小春   「ボール遊びは好きだワン」

かきくけ 「よし、行け!」

かきくけ 「・・・  ・・・ 小春 戻って来ない!」

150523.jpg

小春   「あれは何かなワン」

かきくけ 「・・・何も特別ないけれど・・・」

かきくけ 「次はどこまで待てできるか実験、 小春待て!」

150523a.jpg

かきくけ 「またどこか見ているなぁ・・・ まぁいいか」

150523b.jpg

かきくけ 「5m・・・余裕やな、小春」

かきくけ 「10m・・・まだいけるね」

150523c1.jpg

かきくけ 「20mか・・・ まだいけるなぁ・・・
       小春、来い!・・・  小春来い!・・・?
       来るんか?来ないんか? 来るんか?来ないか?」

150523b1.jpg

150523e.jpg

かきくけ 「この姿勢は・・・来ないな」

小春   「やっぱり、かきくけさんが来てくれたワン」

かきくけ 「最近、このパターンが多くなってきた(泣)」
歯磨きの変わりだワン
150520d.jpg

かきくけ 「この行儀の良さ・・・これはおねだりだね」

小春   「違うワン」

150520c.jpg

かきくけ 「ほら、今度はベロが出ているよ」

小春   「・・・体が勝手に反応しているワン」

かきくけ 「はーい、あ~ん」

小春   「おいちぃ~ワン」

かきくけ 「ここで本当は歯磨きTime、でも歯磨きぎらいな小春のために
       はい、いつものものを・・・」

150520b.jpg

かきくけ 「はい、左」

かきくけ 「次は右」

150520a.jpg

小春   「これは、歯磨き代わりになるし、食べた感もあるのでいいワン」

かきくけ 「いつもこれでは済ませないぞ。 次回は歯磨きだ
       覚悟しておくように!」
タラコちゃんだワン
かきくけ 「きょうはお友達のタラコちゃんを紹介しましょう」

小春   「タラコちゃんは昔からのお友達だワン」

1405633869045.jpg
かきくけ 「タラコちゃんはもうすぐ4歳になる女の子です」

小春   「そうそう、小春より少し年上のお姉ちゃんだワン」

140724b.jpg

タラコ   「初めて小春ちゃんと会った時は、やんちゃな子供だと思っていました
       2年経って、少しは落ち着いた気がしますが、やっぱりやんちゃですね」

小春   「いや~それほどでもワン」

かきくけ 「照れるところじゃないけれど・・・」

150321a.jpg

タラコ  「今では小春ちゃん以上にやんちゃな子が我が家にきましたけれど・・・」

かきくけ 「ホタルちゃんだね」

小春   「ホタルちゃんは、小春以上に元気だワン」

かきくけ 「確かに元気ですね。ホタルちゃんのことはまた次回にでもお話しましょう」

タラコ   「今回は私の紹介ですからね」

小春   「タラコお姉ちゃんは、小春が鳴いても静かだワン
       きっとワンコ的にできているお姉ちゃんだワン」

かきくけ 「そうだね、タラコちゃんはできたお姉ちゃんだね」

141115.jpg

小春   「これからも小春のこと頼むワン」

かきくけ 「私からも小春を頼みま~す」

小春   「ワン・ワン」
夕食だワン
150517a.jpg

かきくけ 「は~い、小春ご飯だよ~ ハウス」

小春   「やっと御飯か・・・ ハウス、ハウスワン
       きょうは何かなぁワン」

小春   「・・・またいつもの御飯ワン・・・うん?赤いものは・・・トマトワン
       これはまたおいしいワン」

かきくけ 「待て!小春」

小春   「ずっと待ってますワン」

150517b.jpg

小春   「・・・まだかな?ワン・・・早く食べたいワン」

小春   「・・・まだかなワン・・・」

かきくけ 「よし!」

小春   「やっと食べれるワン」

150517c.jpg

小春   「かきくけさんは何食べているワン?」

小春   「美味しそうなお肉食べてるワン。欲しいワン」

かきくけ 「ご馳走様でした」

小春   「やっぱり食べれなかったワン
       でもあの方なら・・・いつものポーズワン」

150517d.jpg

小春   「やったー、ご飯いただいたワン」

150517e.jpg

小春   「例のポーズ・・・これからも使えるワン。いちころワン」 


本がいっぱいだワン
かきくけ 「もうすぐ梅雨だね」

小春   「梅雨は嫌だワン。 蒸し暑いし、それに散歩がゆっくりできないワン」

かきくけ 「カビもよく生えてくるし・・・
       でもきょうは梅雨の話じゃありません」

小春   「ではどんな話だワン」

かきくけ 「まずはこの写真を見てね」

150516a.jpg

かきくけ  「小春に関係する本がいっぱいです」

150516b.jpg

かきくけ  「中には小春が噛みちぎっている本もあるんだよ」

小春    「昔のことワン、気にしない気にしないワン」

かきくけ  「まぁそれはいいんだけれど・・・」

小春    「では何ワン」

かきくけ  「いやー、本を読んでいても、なかなか思うようにならないなぁと言うこと」

150516c.jpg


小春    「希望と現実は違うからワン」

かきくけ  「小春のことなんだけれど・・・」

小春    「(照れる)」

かきくけ  「照れるところじゃないけれど」

小春    「笑う門には福きたるワン」

かきくけ  「全然関係ないし・・・」

小春    「犬も歩けば棒にあたるワン」

かきくけ  「こちらも関係ないし・・・」

小春    「石の上にも三年」

かきくけ  「次は?」

小春    「えっと・・・えっと・・・ワン」

かきくけ  「もう終わり?」

小春    「いや~照れるワン」

かきくけ  「バシッ!  とにかくまた読み直してみようと思う」

小春    「ほっほ~だワン」

かきくけ  「忘れていた事に気付くかもしれないし・・・」

小春    「思い出したワン。 花よりダンゴワン」

かきくけ  「バシッ!、もう寝よ寝よ」

小春    「あ~小春も寝る、寝る。  寝る子は育つワン」

かきくけ  「Zzzz・・・」 

小春    「一人にしないでワ~ン」


柴犬の特徴だワン
かきくけ 「昨夜、TVの番組で柴犬の特集がありました」

小春   「小春も一緒に見たワン」

かきくけ 「その番組で紹介された特徴を書いてみるね」

小春   「OKだワン」

かきくけ 「柴犬を飼った人は、次も絶対柴犬を飼いたくなるらしい」

小春   「それは嬉しいワン」

かきくけ 「柴犬は犬の中では一番ツンデレ

150514a.jpg

小春   「ツンデレ?って何ワン」

かきくけ 「調べてみるとこんな感じ
       1.気が強い(ぶっきらぼうな性格の場合も有り)ため、
       好意を寄せている相手を突き放すような態度をとってしまう、
       照れ屋な性格のこと。
       2.主人公に対して刺々しい態度(ツンツン)を取っていたのが、
       何かのきっかけで急速に好感度を上昇させる(デレデレ)ヒロインのこと    

小春   「確かに、小春には当てはまるだワン」

かきくけ 「呼んでも来ないし、ベタベタしない、
       寄っていったら嫌がるとか・・・また、ヤキモチをやくとかね」

小春   「これも当てはまるか?ワン」

かきくけ 「当たってる~、まだまだいっぱいあるぞ
       ツンデレが影響して、太りやすいとか、 夫婦喧嘩をしていたら
       心配してくれるとか、都合の悪いことは聞こえないふりをする
       自我がはっきりしている・・・とにかく色々あるようだね
       あっ!そうそう、 柴犬は表情も豊らしい」

小春   「そりゃ色々あるワン」

かきくけ 「それと大事なことがあります」

小春   「何、何、早く聞きたいワン」

かきくけ 「それは病気の話なんだけれど、
       柴犬のかかりやすい病気、緑内障がある」  

小春   「緑内障?どんな病気だワン?」

かきくけ 「簡単に言うと、目の病気で症状が進むと目が見えなくなる病気です。
       病気についてはまた次回にでも詳しく書いてみるね」

小春   「怖いワン」

かきくけ 「これからもよろしくね、小春」

小春   「OKだワン!」

150514b.jpg

ナナちゃんだワン
かきくけ 「きょうはナナちゃんを紹介します」

小春   「ナナちゃん・・・同じ名前の友達が2匹いるワン」

かきくけ 「こちらのナナちゃんです」

140820a.jpg

小春   「ナナちゃんはナナちゃんだけれど、ナナばぁちゃんの方だワン」

かきくけ 「そうナナばぁちゃんです、今年18歳になる大ばぁちゃん」

140919.jpg

かきくけ 「小春の友達の中で一番年上です。

小春   「そうだワン。 ナナばぁちゃんはいつも小春を
       見守ってくれているようだワン」

かきくけ 「人間年齢で言っても100歳は超えているかな?
       公園で話していても立っているのが辛そうです」

140726b.jpg

かきくけ 「飼い主の方が毎年、夏になってくると、
       今年はどうかな?って心配されていますね」

小春   「小春も心配だワン。 散歩で長く会わないと心配だワン」

141231a.jpg

かきくけ 「散歩で会ったら、色々なことを教えてもらうように
       きっと役にたつことを教えてくれるよ
       ナナばぁちゃんは経験豊富ですから」

小春   「はいだワン。 色々教えてもらうワン」

かきくけ 「うん?きょうは意外なほど素直ですね」

小春   「意外ではなく、これが本当の小春だワン」

かきくけ 「・・・まぁいいか。 ナナばぁちゃんの前では  
       うるさく吠えたらダメですよ」

小春   「はーいだワン」

かきくけ 「・・・本当にわかっているのだろうか・・・」

小春   「わかっているワン、ねぇナナばぁちゃん」

141231b.jpg

かきくけ 「ナナばぁちゃん、横向いちゃった」

小春   「ねぇ、ナナばぁちゃんってばワン」

ナナばあちゃん  「わしゃ知らん知らん」

小春   「もうナナばぁちゃんてば・・・私も横むくから・・・」

かきくけ 「ナナばぁちゃんの方見なさい!」

150502.jpg

ナナばぁちゃん 「困ったもんだね、小春ちゃんは・・・」

かきくけ 「これからも小春の教育を頼みますね、ナナばぁちゃん」

ナナばぁちゃん 「わしゃ知らん知らん」

小春   「ランラランララ~ン♪」

copyright © 2005 私は柴犬、かきくけ小春です。 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。